Case Study:CIC Japan合同会社

日本におけるエネルギースタートアップエコシステムの活性化

私たちは、未来の日本のエネルギー産業に多様なプレイヤーが出現することが必要だと考えています。これからは大小さまざまな事業者が、それぞれの技術やサービスを活かして役割分担をして、豊かなエネルギー産業が創出されることが期待されます。
しかし、そもそも日本はスタートアップの層が薄いと言われる中で、特にエネルギー産業は、provenな技術を求められること、規制の複雑さ、政策の不透明性などが相まって、参入障壁が高いのが現実です。結果として、エネルギースタートアップのIPOは現状2〜3年に1件にとどまっており、その厚みは十分とは言えません。

もちろん、産業や社会に対する問題意識や解決に向けた強い意志を持って自ら起業するプレイヤーが増えることが最も重要なことですが、そのプレイヤーの出現を促し、その成長を連続的に支援する環境の整備もまた同様に重要なものです。

私たちは、さまざまなスタートアップ企業と運命共同体となって産業創出を担いながら、同時に多様な専門性を有したプロフェッショナルファームと一緒に、エネルギースタートアップを支えるエコシステムを豊かにすることも目指しています。

CICとは?

1999年にマサチューセッツ州ケンブリッジ市で創業した、グローバルに展開するイノベーションセンターです。これまで米国や欧州でイノベーションコミュニティーを築いてきたノウハウと経験をもとに、満を持して、アジア初の拠点として、2020年10月に東京・虎ノ門にオープンしました。

CICが提供するのは、1. 快適、エキサイティングでフレキシブルなオフィスソリューション、2. 新進気鋭のイノベーターとスタートアップのサポーターが集うオープン・インクルーシブ・アットホームなコミュニティー、3. 産官学の垣根、縦社会の壁、インダストリーやジェネレーションやジェンダーのギャップを越えてさまざまな人たちが繋がり、さまざまなアイディアがぶつかり合い、そこから新たなイノベーションが起こる、そんなイノベーションハブとして機能するプラットフォームです。これまで日本になかったイノベーションのためのエコシステムをCICはこの虎ノ門に構築していきます。

CIC Tokyoは、日本最大級のイノベーションセンターとして起業家を支援してきます。

U3innovationsとの出会いは?

エネルギー・環境分野のスタートアップ支援は、社会にもたらす影響から考えても必須だと思っていたのですが、この分野の知見も十分ではなかったので、どうしようかと思っていたところ、会長の梅澤が「竹内さんに頼もう!」と言い出して(笑)

初回の打ち合わせから日本のスタートアップ・エコシステムを豊かにしたいという思いを共有できましたし、アイディアもいろいろ出てきて、オンラインMTGだったのに、とても盛り上がったのが印象的でした。

U3innovationsと具体的に取り組んでいることは?

2020年11月24日にまさにリリースしたところですが、環境省主催の「環境スタートアップ大賞」の運営をサポートいただいています。

こうしたイベントは多くの方に参加していただくこと、関心を持っていただかなければ始まりませんが、U3innovationsの皆さんのご協力を得て、既に多くの環境・エネルギー分野のスタートアップの方たちに関心を持っていただいています。また、VCやIPOされた経営者の方たちとのネットワークで、関心の輪を広げていただいています。

竹内さんはじめ、U3innovationsの方に登壇していただくピッチなども展開していきますので、環境大臣賞の決定やファイナリストたちによるピッチまで一緒に伴走してもらえることを期待しています!

U3innovationsに期待することは?

環境・エネルギー分野に関する深い知見・専門性と、ネットワークには圧倒されています。
また、深い知見・専門性を有しながらそこに閉じていないことはU3さんの大きな魅力です。
高いところから社会や地域を俯瞰する鳥の目、ビジネスに落とし込む緻密な虫の目、そして、変化の潮流を読みとる魚の目がそろっていますし、「日本に良い未来を遺したい」という思いも強く感じます。

CICも生まれたばかりですが、ぜひ日本のスタートアップを元気にする活動を今後もご一緒できればと思います。

CIC Japan合同会社
設立
2018年
本社所在地
東京都港区虎ノ門 1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階